未緒法律事務所

このメールマガジンは弁護士原口未緒へご相談・ご依頼・お問い合わせ・メールマガジンのご登録等をいただいた方々へ送らせていただいています。

主に、これから離婚をされる方へ向けて円満離婚のための心のあり様をお伝えしています。

IMG_4892
こんにちは原口未緒です

少し温かくなってきましたが
皆様いかがお過ごしですか?

沈丁花がいい匂いを醸し出していて
春の訪れを感じさせまてくれますね



さてさて
私の近況を書こうと思います

一部のクライアントさんには
お知らせしましたが
6年ぶりに
事務員を雇おうと
7年前からの友達に
声をかけました

しかし
3週間で破談になりました笑



その理由は
一言で言うと
「姫がおしんをしていた」

ということ



なんじゃらほい????



って思いますよね笑



これから
説明します



私が7年間知っていた彼女は
とても
人に気を遣うことのできる
気遣いの人
でした

そこをかって
私は
声をかけました



秘書や
私の仕事の
補佐としては
適任だと思ったからです



それに
彼女の仕事ぶりの話を聞いていると
とても仕事ができそう
という印象をもっていました



しかし
一緒に仕事をしだしてみると
(まだ仕事をしだす
というほどの段階にまでも行っていませんでしたが・・・)



?  ?  ?



という
チグハグな
噛み合わない感じ

とても
秘書などできません



それより
なにより

私が気になったのは



彼女が
とても気を遣い
人に合わせよう、合わせようと
無意識でしていること

私も
合わせてしまうたちなので

彼女が
私に合わせようとし
私も
彼女に合わせようとし



空回りまくってしまいました笑
二人で



そして
私は
いつも
クライアントさんたちにしているように



彼女に対しても
「何がしたいの?」
「何が望み?」
「◯◯さんは?」

と聞き続けました



しかし
彼女の答えは出てこない



おそらく
これまで
人に合わせすぎてしまい
「自分」
がなくなってしまったのでしょうね



そんな彼女

私が知り合ったのは
7年前の自己啓発セミナーでした



そこで
ズバっと
講師の先生に言われたのが
「あなたは姫なのです!!」
ということ



その話はずっと聞いていたけど
「姫」が
耐えて耐えて
人に合わせる
「おしん」
をしていたことには
今回まで
気づきませんでした



なんとなんと
自分の本質に逆らって生きるということは
ここまで
現象世界を変えるのか?!!!
という出来事として

なんと
ホチキスまで
彼女がつかったら
壊れてしまったのです笑笑笑



ホチキスが壊れたのなんて
私も初めてです

壊れるものなんですね笑



コピー機のトナーはなくなるは
(でも残りのトナーでもコピーはできました
おそらく彼女は
舞い上がってしまっていて
その表示がコピー機にでていることにも
気づかなかったのでしょうね)

とにかく
彼女が仕事をすると
かえって私の仕事が増える笑笑笑



そうすると
もちろん彼女も萎縮する



怒っているわけではないけれど
怒られているように感じる



の悪循環だったと思います



私もイライラ、ストレスでしたが

彼女も
この3週間
きつかったそうです



私も
原因不明の
肩こりや背中痛や
なんか身体症状に悩まされました



ヨガの先生には
「誰かのエネルギーもらっちゃってるわよ」と



思いあたるところはありました



そんなとき
ふと
昔からの友人が
なんと5年ぶりに会いにきてくれました

お茶会に参加する機会をつかって



そして
さすが私の友達だけある
スピっぷり!笑

「メルマガをいただくたび
先生にお伝えしなくちゃと
思っていたんです・・・」



とお告げをくれました^^



ちょうど
ふと
事務員に誘った彼女との関係に
諦めを感じたときでした



「ああ、やっぱり・・・」








そんなこんなで
6年ぶりの
事務員雇用

振り出しにもどったわけですが



私が2年にわたって
とてもお世話になり
私に大きな変容をもたらせてくれた
恩師セラピストの岡部明美さん

が月に1回ひらいている
卒業生対象の勉強会に
今月は参加することができました

今回は
私がクライアントで
セッションをやってもらえそうだな・・・

と思っていたら

やっぱり^^;



あけみちゃんは
指名してくれました



そこで
事務員雇用の件
については
私の中では
「もういっか
やっぱり一人でやるか」

と一応ケリがついていたのですが



セッションの一番最初に私が言った

「結局、彼女はやりたくなかったんだ
ということがわかったので
いいにしました」

という一言を
つかんでくれて




「それって
ホントは
みおちゃんがやりたくないって
ことなんじゃないの?」








ええええええ?!!!!!!



という驚きでした

よく
人は鏡
投影なんて言います



だから
その法則のようなものは
よくわかっていましたが



まさか
ここで
これが?!
私?!!!





私がやりたくない

とは微塵にも思っていませんでした




しかし

確かに
駅前の家賃の高いオフィス
人を雇用することによる人件費・固定費の増加

それを稼がなきゃ
という負担、プレッシャー



人のために働いているのだ
という感覚



そんなのもう
まっぴらでした



それが
いやで
札幌から
戻ってきたのに



一人気ままに
やっていたのに



私は奇人変人です



全然弁護士らしくなんてありません



なのに
なぜか弁護士の試験にうかった



それで
弁護士の資格はある



だけど
全然弁護士らしくなんてありません



でも
一生懸命
世間が思う弁護士像
みなさんが思う弁護士イメージ

向かないのに
合わないに

自分を
はめ込んできたような気がします



これが
私が事務員に誘った彼女に言った
「姫なのにおしん」
と全く同じ



弁護士らしくない、向いていない
(だからこそいいと言ってくださる方もたくさんいらっしゃる)
なのに
必死に
弁護士らしく、小さな型にはめようとしてました



それは
これまでずっと
長女として
昨日不全家族
不仲、離婚問題の両親の間で
調整役、救世主、ヒーローをやってきた
アダルトチルドレンだったからです



自分の嫌なことをただ嫌だと言えなかった

自分のしたいことをただしたいと言えなかった



「これからは
自分優先でね」



恩師から



私も
私のところにいらっしゃる
クライアントたちと
同じだった

ということなんですね^^



自分ファーストでいきます!
弁護士原口未緒について

1975年東京生まれ幼い頃から両親は不仲。中2のときに父に婚外子が出生することを知らされる。その後、父は20歳までは家族と同居していたが家を出て別居、離婚調停、離婚訴訟を経て、離婚。

自身も30歳から38歳までの間に3回の結婚と離婚を経験。何回も離婚を繰り返してしまうことに自分自身に理由があるのではないか、両親の離婚が関係しているのではないかと考えカウンセリング、スピリチュアル、リーディング、占い、コーチング、自己啓発、ヒーリング、セラピー、仏教など様々なものを学ぶ。

そのうち、これらのツールが離婚相談にも使えると思い、取り入れるように。今ではスピリチュアルの視点を多分に盛り込んだ離婚相談・カウンセリングを行っている。

現在は4人目の夫と事実婚を解消し、1児のシングルマザー。