弁護士 原口未緒

略歴
1998年 学習院大学法学部 卒業
2002年 司法試験 合格
2004年 弁護士登録
2010年 未緒法律事務所 開所

14歳 父の不貞が発覚
    腹違いの妹が生まれる
    もっとも、両親は離婚せず
20歳 父が母との離婚を前提に別居
21歳 父が母に対して離婚調停申し立て
26歳 父が母に対して離婚訴訟を提起、離婚
30歳 最初の結婚
33歳 離婚
34歳 2度目の結婚
35歳 離婚
36歳 3度目の結婚
37歳 離婚

父の不貞発覚後、母は私に対して、事あるごとに
「どうしてお父さんはこうなってしまったのか」
「私の何が悪かったのか」
と問うようになり、私はいわゆる母のカウンセラー役となってしまいました。

また、父に対しては
女性として、不貞に対する嫌悪感が生じてしまったため、
咎めたり、責任を求めるような態度をとるようになってしまいました。

母に対しては、いわゆる弁護士的役割と
父に対しては、いわゆる裁判官的役割の
両方を担っていたため、
いつの間にか当然のことのように法律家の道へ進むようになりました。

自らの事務所を設立してからは
このような離婚で苦しんだ経験を生かすことができればと思い
離婚を主に扱うようになりました。
3度目の離婚を経験してからは
離婚を繰り返してしまう原因は自分の中にあるのではないかと考えるようになり
自己啓発、占い、コーチング、スピリチュアル、ヒーリング、心理学、心理療法(セラピー)、仏教など
様々な自己探求を試みました。

その結果、現在では、
カウンセリング、コーチング、セラピーなどを取り入れた
独自の離婚相談・カウンセリングを行っております。